《東京米其林指南2021》,“世界上最大的美食城市證書”

29 thoughts on “《東京米其林指南2021》,“世界上最大的美食城市證書”

  1. フランスは幕末期の江戸幕府とも連携していた。彼らは日本文化が好きみたいです。
    「日本人はワインに憧れている」と言うと「日本にはSAKEが有るじゃないか」と切り返されたと云う話を聞いた事が有る。

  2. アナウンサーの食レポが最悪すぎて、お店が気の毒だ。ミシュランの食レポで麺がモチモチでスープと良く絡むって、、、全く良さが伝わってこないんですけど!

  3. 「テイクアウト」などのカタカナ英語は不適切

    特にマスコミなどがわざわざこれ見よがしに使うカタカナ英語の目的は、
    自身を現代風であるとか先進的のような錯覚の効果を与えることが明らかと言え、
    視聴者を下に見ての使用であると言えるだろう。
    このような意図的だろうカタカナ英語の濫用ではなく、
    ニュース(新しいものたち)に適切で誤解がなく
    誰でも直ぐに理解できる日本語である「持ち帰り」を使って欲しいものです。

  4. ミシュランガイドという一部のいわゆる美食家の評価にこれほど多大な価値があることか理解できない。おフランスはミシュランもファッションも実体に見合わないモノをブランド化するのがとてもお上手。

  5. 一昔前、日本食は下品、原始的と言われていた。
    少なくとも今は世界が注目する一地域にはなっている。
    是非はともなく努力した人々に頭が下がります。

  6. 4:09 「かなりスパイスが効いていてお肉も柔らかいのでとっても美味しいです」

    どこのカレー屋でも言えそうなコメントで、全然受賞するほどの美味しさが分からない。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

Related Posts