[Sakura LIVE]第444位-政治記者石橋文人x有田隆史,產經新聞月刊《西鐵報》發行人兼研究室經理x櫻井良子(預覽版)

26 thoughts on “[Sakura LIVE]第444位-政治記者石橋文人x有田隆史,產經新聞月刊《西鐵報》發行人兼研究室經理x櫻井良子(預覽版)

  1. 早く解散してほしい石橋さんの希望的観測としか思えない。

    いつ解散しても自民は議席大幅減が確実。早期解散したら70議席以上の議席減もあり得る。(小池が立民で出れば100議席以上減は確実) 改憲勢力2/3は絶対に無理。

  2. 小池が一番嫌がるのは、自分より先に女性初の首相が誕生すること。

    9月までに行われる夏の総裁選で、高市早苗が女性初の総理総裁となれば、小池最大の野望は崩壊する。

  3. 環境問題 中国共産党と小泉親子が儲かる? 新興国の石炭発電は中国共産党製へ 日本をダメにする小泉親子!確定。原発、日本製石炭発電賛成。

  4. 真正保守派には菅義偉は嫌われているのです。セクシー進次郎、河野太郎なども論外です。媚中、DS側の傀儡の左傾化した自民党にヘキヘキとした世論が多いのです。菅義偉ありき論の言論テレビに失望している方も多いと思いますよ。

  5. ワクチンを打ってもマスク必須、3回目も必要とアメリカ(ファウチだのビル・ゲイツだの)は言ってますよ。
    今回のワクチンは本当に危険と感じる。

  6. 残念ながら菅=階山口那津男の媚Φ政権が選挙で勝ってしまったら、国防強化どころかΦ國による日本侵略が、
    尖閣沖縄、大阪京都、北海道と、一気に進んでしまうでしょう。
    自民を大敗させて=階派を追放し公明党とは縁を切り、結党の原点に返って改憲に向けて政権を立て直す、
    あるいは
    愛国派を大勝させて党を割る、いずれかしか日本が生き延びる道はないのでは?
    国守衆が政権をとってくれれば良いんだが…

  7. 今回の日米共同声明では台湾海峡の安定化に対する両国首脳のコミットが画期的なものとして注目を集めました、その中であまり識者の中で言及されていませんが、もう一つの注目すべきことは「新たな時代における同盟」の最後に「驚くべき地政学的変化に対応する」という文言が入っていることだと思います。過去の日米の共同声明に「地政学」の文言が入ったことがあったでしょうか?ここに米国の中国に対する恐怖心、敵対心、現状秩序の変更を許さないという不退転の決意が見てとれます。これは中国がその巨大なマンパワーを背景に、領土領海、軍事、科学、先端技術、情報通信、貿易、金融、保健衛生、気候変動等で、世界の覇権を握り、長らく米国を中心とした海洋国家による自由、人権、民主主義を基調とする国際秩序を塗り替えようとする地政学的変動を断固阻止する。ということであると思います。特にインド太平洋地域においてその動きが顕著であり、やがてその動きは大西洋を含めて全世界に拡散する。この動きはもはや米国単独では阻止し得ない。日米が隙間なくすべての面で一致協力し、インド、豪州、そしてEUを含め、大陸国家と海峡や島嶼等で制限されているものの海洋国家の双方の要素を有する中国の地政学的挑戦を退けるという決意を世界に向けて発信した謂わば宣戦布告に相当するものであると思います。日本の国会議員、企業経営者、学術関係者はこの声明に込められた、重大な意味、日米両国の決意を決っして軽く考えるべきではないと思います。またこの声明は先駆けて反中姿勢を強めていた豪州に更なる自信とパワーを与えることでしょう。また韓国の文政権は、この声明を読んで震えあがったでしょう。もはや反日姿勢は米国に対する敵対行為とも見なされるからです。

  8. 先日、ベトナムの教え子、四人とラインで、久し振りに話しました、この話の中身で、悲しくなりました、多々の会話の中で、国の防衛について、。ベトナムは、中国を見て、教育内で。自国は、自国民が守る、が原則、ですと、じゃ日本は、、アメリカに守って貰うのは、可笑しいのでは、ベトナムは、多々の戦争の経験から、国民の意識が、、市内には、良い 悪いは、別にして、国に、私を捧げる、と、言う石碑が.さて 日本は、経済第一、子供達から言われました、国防有っての経済では、と、ベトナムは、共産党の国です、自国を守り事は、主義は、関係ない、と、答えが出ませんでした、85歳のじいさんです、、日本人の平和惚け、お父さん、お母さん、と、社会、改めて、意識改革を願いタイ、です、政府、議員、企業のtop.国防有っての、。経済、勘違いしないで、日本を安心出来る国に。世界に向かって、他国は、言います、日本は、アメリカに守って貰う国、では、無い様に、自国は、自国民が守りませんか、

  9. 10年間くらいの時限立法でいいからGDPの10%ぐらい防衛予算にブッ込んで、日本の半導体と防衛産業を立て直して、自衛隊も国防軍にして欲しい。

    国民は政治をシッカリ観ています。政治家の皆さんは左翼やマスゴミを恐れず堂々とハッキリと憲法改正を主張して下さい。私は素晴らしい日本を次の世代にも残してあげたいと強く想います。

  10. 戦争好きの このおばはん あほか 日本は世界第四位の軍事大国 これ以上軍事費増強してどうする 中国とも仲良く米国とも仲良くするのが最良なのだ おばはん引っ込め 憲法改正などもってのほか 危険分子のこのおばははんを 排除しよう

  11. 国民に不安をあおる 危険分子のこの おばはん 保守の民間人は金儲けのために国民を煽る危険思想のやから 日本は世界4位の軍事大国 1位の米国と軍事同盟を結んで万全である 国民は安心して日々の生活を平和を謳歌しよう 何の心配もありません

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

Related Posts